ブランド : soil・ソイル

soil -バスマット ライト

今話題になっている珪藻土のバスマットをご存知ですか?
珪藻土とは植物性プランクトンの一種である「珪藻」の殻の化石で形成された堆積岩のことで、吸水性と速乾性に優れています。そんな珪藻土で作られたバスマットは風呂上がりをすごく快適にしてくれるのだとか。
今回は珪藻土製品の元祖とも呼べるsoilよりバスマット ライトを紹介していきます。布製のバスマットのように洗濯をする必要がないことや風呂上がりがすごく快適なことから多くの人気を呼んでいる製品なんですよ。お友達の新居祝い・お引越し祝いに喜ばれるオススメのバスグッズですので、ぜひチェックをしてみてくださいね!

参考価格(税込): ¥ 7,324

優れた吸水性・速乾性とさらさらとした質感が気持ちいい

珪藻土は吸水性と速乾性に優れているのですが、当然それを素材にしているバスマットはお風呂上がりをグッと快適にしてくれます。
吸水性についての効果はまさに一瞬、すーっと足裏の水が吸い込まれる感じ、足裏が全くベタベタしないと評価されていて、もう布のバスマットには戻れないという評価する人もいるくらいです。

そして、速乾性の話になりますが、布製のバスマットは人が使った後だとどうしてもじっとりしてしまいます。バスマットライトは優れた速乾性により、人が使った後でもさらさらとしていて非常に気持ちいいのだとか。速乾性が高いことと土を素材にしていることで感じられる質感だといえますね。

手入れが簡単で回数も少なくていい

そんな特殊な素材だと手入れが大変そうと思う方もいるかもしれませんが、やることは日陰干しと吸水性が落ちたときのヤスリ掛けのみなので布製のバスマットよりも断然簡単です。

日陰干しは基本的なお手入れとして行います。布製のバスマットを洗濯するのと同じですね。ただ倒れない程度に直射日光を避けて家の中で干せばいいだけなので、負担は断然違うでしょう。頻度も2日に1回程度でいいと公式ではアナウンスされています。

次にヤスリ掛けについてです。珪藻土のバスマットも汚れと全く無縁というわけでもなく、皮脂や水垢といった汚れによって目詰まりを起こします。そうするとせっかくの吸水性を発揮しなくなってしまうので、600~800番程度の紙やすりで薄く削ってあげることが必要です。一見、面倒と思うかもしれませんが、短くても3ヶ月程度のスパンでやっていれば大丈夫です。

一般的な珪藻土の製品よりも丈夫で軽い

soilのバスマットライトは珪藻土とパルプ繊維で作られたバスマットです。

珪藻土のバスマットは基本的にはメリットばかりなのですが、土を原料にしているだけあって、割れやすいことや布製バスマットより重いといった難点があります。
soliのバスマットライトでは珪藻土のみを原料にせず、パルプ繊維も入れることでこれらの難点を軽減しているというわけなんです。

一人暮らしや小さなお子さんがいる家庭には特におすすめ

そんな数々の魅力を持っているsoilのバスマットライトは一人暮らしの方や小さなお子さんがいる家庭には特におすすめです。
メンテナンスがお手軽なため、家事の負担を少しでも減らしたい忙しい人にはぴったりな点や、お風呂上がりがスムーズで時間に余裕ができる点が理由です。実際にママさんが子供のお風呂上がりの世話が楽になったという声もあるんですよ。

また、バスマットライトは珪藻土とパルプ繊維の自然素材が主となっているので肌にも優しく、肌が未熟なお子さんや肌がデリケートで肌荒れが起きやすいという人でも安心という点もおすすめなポイント。

soilではバスマットライトの他にも、大きめサイズのBATH MAT largeなども用意されているので、一人暮らしの方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭へのギフト・プレゼントをお探しの方はぜひご検討になられてみてくださいね。

詳細情報

素材:珪藻土(けいそうど), パルプ
サイズ(幅×横×高さ):575×425×10mm
生産国 : 日本
重量 : 約1.8kg
耐荷重 : 約150kg
公式サイト:soilのサイトでチェック
※当サイトに記載の情報は2022.12.08 現在の情報となります。
アイテム情報に変更がある場合がございますので予めご了承下さい。